英語が使えると便利なことについての記事を書いています

仕事の待遇面が良くなる

投稿日時:2014-05-21 6:30:52

現代では、英語を話せることがビジネスマンの必須スキルになりつつあります。数年前には、ある大企業が英語を社内公用語にしたことが、ニュースや新聞などで大きな話題になりました。

以前の日本ならば、英語を話せることでメリットがあったのは、貿易業や商社など海外と取引することがある職業につく、一部のビジネスマンだけでした。ほとんどの職業では英語を日常的に使う必要がないので、英語を話せたとしても、仕事上の待遇に繋がることはありませんでした。

しかし、昨今ではどのような職業でも、英語を話せることによるメリットが存在しています。経済の情報化やグローバル化が進むにつれ、あらゆる職業が海外の取引先と関係を持つようになり、英語を話せるビジネスマンほど仕事上のチャンスを掴めるようになりました。

例えば、同僚の中で英語を一番堪能に話すことができれば、同僚を差し置いて、上司から重要な仕事を任されることがあるかもしれません。そうしたチャンスを物にして行けば、昇給・昇進する可能性も高くなるでしょう。

英語を話せることによる仕事の待遇の違いは、これから先、さらに大きくなっていきそうです。

広告

Author

  • 名前:TOSHIAKI
  • 性別:男
  • 趣味:-

記事検索

BACK TO TOP